おじさん医学生どう生きる!?

アンチエイジングやライフハック、医学部ネタ、英語など様々な情報をつづります

筋トレで効果的なシトルリンがアンチエイジングにも効く!という話

f:id:anti-aging-learning:20190904131906p:plain

 

今回はトレーニーの間で有名なシトルリンに関して

深掘りしてみました。

興味のある方はどうぞ!

シトルリンとは??

シトルリンは遊離アミノ酸でスイカなどに含まれているが

現実的に必要量はサプリメントにより摂取することになります。

オルニチン回路においてシトルリンは重要な役割を果たします。

高タンパク食は

アンチエイジングという点では必須となっており、

プロテインを飲むようにしたらオナラや汗が臭くなったという報告が多い。

その解決策の1つにシトルリン摂取があります。

アンモニアの処理は身体においてどうなっているのか

組織ではグルタミン→グルタミン酸+アンモニア、

さらにグルタミン酸からもアンモニアが発生します。

発生したアンモニアは毒性が高いので形を変えて肝臓に運搬され、

アラニンやグルタミンという形になります。

それが肝臓で

グルタミン酸→アンモニア→尿素

と順次変わっていきます。

オルニチン回路

肝臓では

ミトコンドリアでアンモニアがカルバモイルリン酸に変換後、

オルニチンと結合。

これがシトルリンです。

シトルリンになると

ミトコンドリアから細胞質に移って

アスパラギン酸と結合し

アルギノコハク酸ができます。

ここからアルギニンができる!

ここでポイントは

アルギニンからNOもできている

という点です。

そして

アルギニン→尿素+オルニチンと分解される

これがオルニチン回路です。

f:id:anti-aging-learning:20190904130535j:plain

ここで重要なのは

汗や尿が臭いというのは尿素にできなかったアンモニアである点

(尿は排出後に細菌でアンモニアに分解されているため臭う)

つまり

アンモニア臭を減らすという観点では

オルニチン回路を活性化させるのが効果的だと思われます

それは アルギニン、オルニチン、シトルリン、アスパラギン酸などの

十分な摂取を意味しています。

(しかしアスパラギン酸は不足しづらい)

もっともサプリメントとして摂取しやすいのがシトルリンです!

サプリメントとしてのシトルリンのススメ

アルギニンは弱アルカリ性で味もまずいのでオススメしません。

アルギニンを直接摂取するよりも

シトルリンとして摂取した方が容易であるからです。

NOの役割

NOは以下の役割がある

1。血管を拡張し、血流を改善する。よって冷え性にも効果的である。
2。免疫力をアップさせる
3。筋肉増強 ;サテライトセルを活性化させる役割があるようだ
4。成長ホルモンを出す
5。疲労回復
6。糖尿病を予防する
7。脂肪が燃えやすくなる
8。クレアチンの材料となる

他にも認知機能を高めたりと言った効果がある模様です

ここで思い出したのが、

リステリンなどの口腔内を洗浄することのデメリットに口の中の細菌を死滅させてしまうことです。

口腔内の細菌のおかげで、

どうやらNOを我々人間は得ているようなので

これを無くしてしまうのはあまり良くありません。

これもNOが様々な働きを担っているからこそですね。

このようにのNOにはとても多くの効果があり、

アンチエイジングという点だけではなく、

筋肉でゴツくなりたい人、

とにかく痩せたい人も検討してみる余地はありそうです。

シトルリンを僕は早速購入してみました。

味はというとクエン酸のようにさっぱりとした口当たり。

非常に飲みやすいです。

常飲して様子を見ていきたいとおもいます。

宜しかったらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村