おじさん医学生どう生きる!?

アンチエイジングやライフハック、医学部ネタ、英語など様々な情報をつづります

そばのつゆがない!美容に良いつゆの作り方!

f:id:anti-aging-learning:20190909105452j:plain

 

そば食べよ〜

おもむろにそう思って準備しようとした時

めんつゆがない!!!

この場面に遭遇したことのある人は

多いのではないでしょうか

(僕だけじゃないと信じたい、みんなやらかしてるはずだ)

それに対処するために僕はつゆの調理に取り掛かったわけですが、

そこで

簡単

美容、健康に良い

おいしい

が揃ったつゆを作ることができたので

紹介致します。

材料

水 300ml

しょうゆ 大さじ2

みりん 大さじ2

酒 大さじ2

干ししいたけ (きのこ類がオススメ)

ふじっ子 (マストアイテム!!)

乾燥わかめ (あるなら)

量はお好みです。

甘み重視ならみりん多目で。

作り方

火にかける前に上記の材料、調味量を全て加えます

f:id:anti-aging-learning:20190909111536j:plain

そして加熱していくのですが、

ある程度温まったら、一気に強火にかけます

ここがポイントでして

乾物類、ふじっ子から一気に出汁を出します

また、みりん、酒のアルコールを飛ばします

この沸騰させる行為によって、

濃さも調整出来ます。

薄いようなら水分を飛ばす

濃いようなら少し水を足す

これがポイントです。

沸騰した時の様子はこんな感じ

f:id:anti-aging-learning:20190909111906j:plain グッと出汁が出てます!!

かけ蕎麦ならばこのまま茹でた蕎麦にかけるだけ

ざるそばならば煮立たせて一旦冷やしましょう

そこでもどんどん出汁がでます。

この出汁に頼ったシリーズは、実は

以前記事にした

最高のダイエットメニューと同様です。

www.healthy-gold.com

肝となるのはふじっ子でして

この商品の万能感はヤバいです。

完成

そして完成したのがこちら

f:id:anti-aging-learning:20190909112854j:plain

だしの素に頼ることなく美味しいつゆを作ることができました

どうして美容に良いのか

さて、ここでだしの素で作ったつゆ、かつお節を使ったつゆに比べてどこがすぐれているのでしょうか。

理由1 自然な味が引き立つ

味の素を使用するとどうしても化学調味料の面が色濃くなってしまいます。

信憑性はどうかわかりませんが、

こういった化学調味料が人体に影響あるかもしれない

というのも気になる人はいるでしょう。

このレシピは昆布やきのこがメインとなっているので特に心配はないでしょう。

理由2 食物繊維をたっぷり摂ることができる

海藻類は食物繊維が豊富です。

アンチエイジングで基本的となるのが腸内環境を整えること

つまり正常な形、大きさで

快便!

これが達成されていなければ、

どんなに高級な化粧水を塗りたくっても

意味がありません。

食物繊維の具体的なメリットを医学的に説明した記事も作成する予定です。

また、かつお節を使ったレシピも多く紹介されてると思いますが、

かつお節を使うとなるとかなりの量消費しなければならない点

使ったかつお節の処理を考えなければならない点

この2つが問題となりますが、今回のレシピだと

美味しくいただけるので特に気にする必要はありませんね。

終わりに

今回の「乾物類からの出汁をあてにした笑」方法は

これ以外にもいくらでも応用が利くと思います。

皆さんも思いついたらやってみることをオススメ致します。

この記事が少しでも役に立てばと思います

ポチッとお願いします

にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ
にほんブログ村

<img src="https://b.blogmura.com/university/university_idai/88_31.gif" width="88"