おじさん医学生どう生きる!?

アンチエイジングやライフハック、医学部ネタ、英語など様々な情報をつづります

あなたも勝てる!書評 GACKTの勝ち方

f:id:anti-aging-learning:20190922164648j:plain

 

ご無沙汰しております、

1週間ほど空きが出てしまいました。

できるだけ記事書きたいのに。。

さて、今回は書評です。

今回はGACKTさんの著書をご紹介

実は僕は中学生くらいからびGACKTファンです笑

大学生になって初めてライブを行こうとずっと夢見て行ったのが懐かしい!

そんな彼の著書は当然全て読んでいるので

ああ、この話ね!となることが多いのですが

今回のこの著書は少し形が違いました。

彼の行動についてなんとなくでふぁんが感じ取っていたことが

しっかり説明してくれてます。

それでは書いていきます

「GACKTの勝ち方」

本の目次は

今回ご紹介する「GACKTの勝ち方」の目次は以下の通りです。

はじめに

第1章 人生をマネタイズ

第2章 GACKTの勝ち方

第3章 メンタルリセット

【特別収録】GACKT×濱田博昭社長(RYOAKI GROUP)

特別収録には、現在GACKTさんがRYOAKI GROUPの代表である濱田博昭さんと行なっている

「ストリートチルドレンの独立支援プロジェクト」

についての対談が載ってます。

GACKTの勝ち方の内容を要約

ここからは「GACKTの勝ち方」の一部内容について書いていこうかと!

GACKTはなぜあそこまでお金を持っているのか

これ皆んな言いますね、

ファン以外は笑

ファンにとっては彼がどれほど仕事をこなしているのかを冷静に考えれば

まあ納得!

ぐらいですね。

しかし活動初期はどうやって資金を得ていたのかはこの本で本人が言ってます。

実はミュージシャンとして売れ出す前、GACKTさんは水商売をしてます。

だから水商売の過酷さもわかってますし、

ローランドからも慕われています。

それはそうと、水商売で結果を出した彼は身についた金銭感覚のまま東京へと進出してしまったためお金は底を尽きます。

そこで考えたマネタイズの方法が、

強力な “サポーター” をつくる!

3ヶ月で2000人以上の女性に声掛け

結果、

最終的に50人ほどの女性が本当のサポーターになりました。

自分のやりたいビジュアルロックで成功するには

キャパの小さな会場で高額なチケット&グッズを完売させる。

これがGACKTさんの「音楽」においてのマネタイズの方法

そもそも大ヒット曲を作ろうとかそんな柄ではないと自分でも思っていたのです。

それよりも好きなもの作って、

それでやっていきたい

というのを貫いてます

これは男性の好きな生き方 ではないでしょうかね。

音楽にこだわりたいから他で稼ぐ

GACKTさんは実業家としてじつは数々のことをしてきました。 時には大きな失敗をすることも

しかしビジネスに対して彼なりの考えがあり、

それが本書で書かれてます。

具体的には

・自分の魅力を感じてもらい、面白いなと思ってもらう

・ビジネスはゲーム。ゲームに勝つために必死に勉強する。

・会話の隙間を見つけて「ゆっくり、簡潔に」話をすることでポジションをとる。

・テレビへの出演回数をあえて減らし、自分の希少価値をあげる

他にも数多くの気になることが書かれています。

会話の仕方については、

話で主導権を握れない

言葉がほいほい出てこない

沈黙が怖い といった方には良い意識付けになるのではないでしょうか。

緩急をつけて会話をしてみると、

自分の話をより聞いてもらえるようになるのは

文章と同じですよね。

すべての人間の行動は思考が支配している。

思考が結果を生み出す。

ともかく動こう!

成功できない人と成功できる人の差は

「知・覚・動・考」の4つの順序だと

昔から口を酸っぱくして言っています。

成功できない人の行動順序・・・ 

知→覚→考→動

成功できる人の行動順序・・・ 

知→覚→動→考

成功できない人が「考えて動く」のに対して、

成功できる人は「動いてから考える」

いつまでも動かずに考えているくらいなら思い切って行動しよう

仮にそれで失敗したとしても、その失敗すらも自分を成長させる経験にする

これが「成功」のためには必要なマインドです。

行動し、改善を重ねる

実はこれは科学の基本

トライ&エラー

ですね。

大事なことは本当にシンプルなんですよね。

ラクを捨てる

毎日サボらずにやっている

という行動が、

【自分は出来る!】という自信になる。

精神的な軸はそこで産まれる。

僕はこの考えが性に合ってるんですよね。

僕は昔から自信がなく、

学校でも意見を言ったり、

手を挙げたりできるタイプではなかったです。

彼が昔オールナイトニッポンでラジオをやっていた時に言ったこと。

自信は与えられるものでなく、

自分で作るもの

いまでもそう思ってます。

よく何で筋トレするの?

と聞かれますが、

僕はテキトーに答えますが本当のところは

この考えが元になってます。

何かを成功させる上で欠かせないのが習慣化です。

継続こそが自信につながる。

継続して努力をするためにはラク(楽)を捨て、 自分と向き合う。

確かに昔のネガティブな思考から

大分改善し、

女性へのアプローチも上手くいくことが増えました。

話をGACKTさんに戻します。

GACKTの食生活

人間にとって本当に三食必要か?

昼食をとった後、仕事をしている時のあの眠くて効率に悪い時間、それがオマエに必要か?

GACKTさんは一日一食です。

栄養面、精神面、そして仕事効率も考えます。 そこには、プライベートと仕事じゃ繋がっているという考えがあるから。

プライベートで自堕落な生活をしてブクブク膨れ上がった腹が、

仕事モードになった瞬間に引っ込むことはない。

確かに仕事場で動かす体も私生活で動かす体も結局は同じもの

僕は特に医療系の世界に身を置くため、

タバコを吸っていたり、ぽっこり出たお腹の医師を見ると

プロ失格だろ

と正直思ってしまいます。

(上から偉そうに何を!と偉い先生方は仰るかもしれませんが、どうしてもそういう考えが頭をよぎってしますのです。。。)

可愛げ

ボクは今40を過ぎてるが、

それでも55歳の人からすれば、ただヤンチャな小僧。

だから【可愛い】と思われるように努力する。

そういう関係性を構築するような努力。

何事にも隙を見せないガクトさんは

年上の人相手には【可愛げ】を意識しているのだそう。

そこを意識していたのはファンでも知らなかったです。

GACKTさんいわく、

【可愛げ】は人付き合いにおいて絶対に必要なスキル

GACKTさんは可愛げを普段の印象とのギャップによって、

上手く使いこなしているのかもしれませんね。

まとめ

ファンの間では可愛いと言われる一方

テレビでしか観ない人からしたら完璧なGACKTさん

やはりそこに至るまでにはファンでも知らない出来事が沢山あったのだとよく分かりました。

GACKTがGACKTでいるために、人生をマネタイズ。

この視点はとても難しい

努力を積み上げてきたからこその今なのだと

よくわかります。

本書ではGAKCTさんの体験談を踏まえた上で

GAKCT流のアプローチを紹介してます。

自信がなくなったり、

やる気をなくした時に読み返す

そこから行動して自分で自信を勝ち取る

そんな本です。

・GACKTさんがなぜここまでお金持ちなのか。

そしてGACKTさんが言う

・「人生の勝ち方」とはどのようなものなのか。

字がズラーッと書いてあるのではなく、

簡潔に、スパッと書いてあるレイアウトで

とても読みやすく、

それでいて内容も大満足な一冊でした。

じつは

芸能界の不倫など他にも彼なりの考えが沢山あります笑

GACKTさん独自の視点で、こちらが妙に

納得してしまいます。

是非少しでも気になった方がいたら読んでみて下さい!

ブログランキングに参加しています。

よかったらポチッとお願い致します! にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村